So-net無料ブログ作成
-| 2016年09月 |2016年10月 ブログトップ

まずは昼飯から変えろ! [ダイエット]

こんにちは。ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す。
というわけで、なんとなく腹を引っ込ませないとヤバイ、と思いネットを色々調べ、
まず体重を減らすのに有効と思われる糖質制限から始めようと思いました。

以前からよく耳にしていた「糖質制限ダイエット」 しかし最近は制限しすぎて体に悪い みたいな話も
聞くようになり、ちょっと怖いなというイメージでした。基本ご飯が好きな私は一日一食はご飯が食べたいので
おかずだけいくら食べてもいいと言われても、なんかちょっとな~と思っておりました。

とりあえず自分の3食を見直すところから始めました。
朝はバランスパワー一袋(2本)
   野菜ジュース(暖かい時期) スープ(寒い時期)
   トマト一個(暖かい時期) ※冬はスープに入れる
   ブロッコリー(寒い時期) 
   チアシードにリンゴを酢入れて、トマトにかける
   ※チアシードは美容目的ではなく、オメガ3脂肪酸が入ってるということで、苦手な青魚の代わりに

昼は ほぼ一年中釜玉うどん 冬はたまにラーメン
    夏季は冷やし中華 
   
夜はご飯にメインのおかず一品と、豆腐一丁 週2~3日は玉ねぎをスライスしてごま油と酢、醤油を解いたタレをかけておかかをまぶしていただく。メインのおかずは肉(豚、鶏肉) 時間が無い時はレトルトカレー、レトルトハヤシライスなど・・・

この他、朝と夕方にココアを一杯ずつと、間食のスナック菓子

という感じでした。この中で著しく糖質過多になっている原因は昼ごはんでした。うどんの糖質量はご飯より多く、
私が買っていたものはひと束で71.1g となり、ダイエット中の人が一日に摂っていい量を昼ごはんまででスルッとオーバーしていました。これに加えて以前は血圧を下げる効果があるという理由で、毎日じゃがいも一個を昼時に食べていましたので、昼までに完全に上限を突破、この後間食、ココア、そして夕ご飯ですから、そりゃ太ります。
 
というわけで、とりあえず昼うどんなど麺類はやめることにしました。さらにこれでふつうのパンを食べてしまったら
意味がないので、ネットで低糖質パンを探し、継続可能な価格のこちらのお品にしました。

【送料無料】【糖類ゼロ・糖質オフのふすまパン・ふすま粉使用】低糖質ロールパン30本セット(10本入×3袋)3本おまけ中!小麦粉・砂糖不使用 小麦ふすま使用 糖質カット 糖質制限 ブランパン ふすまロールパン アーモンド ダイエット食品 ナッツ 低カロリー






第一印象・・・ちっさ(笑) 元々大食漢ではありませんが、さすがにうどんや冷やし中華のボリュームと比べると、2本くらい食べたくなります。しかし、懐具合も考えてパンは一個にし、そこにサラダ用の千切りキャベツとソーセージを挟んでケチャップをかけ、ホットドッグのような感じにして若干ボリュームを出して誤魔化すことにしました。これだけではやはり物足りないので、たまご一個と、プロセスチーズ一個、パンに挟まずソーセージを1~2本。うどんは7束入250円くらいのを買っていたので、ボリュームがものすごく減って値段は5倍になっているという事を考えると軽くめまいをおぼえますが、腹をなんとかせんといかんのです・・・・。まあご飯の消費が2倍の速度に伸びているので、(5kg1800円前後のお米を買っているので、実質900円節約) 合算して4倍くらいまでは落ちるかな・・・。 まあまた色々探してみようと思っております。

低糖質パンは糖質量2.3g(1個)ということで、うどんが71.1g でしたから、一食で68.8g減。ソーセージは塩分が若干多いかなという気もするので、食べ過ぎないように注意しなければいけませんね。

夕食に関しては、どうしてもご飯を一定量食べたい(大体一食200g前後)ので、一日置きにしてみます。
ご飯が食べたくなるおかずの日に食べ、翌日はご飯抜き。このほうが個人的には毎日少量食べるよりも
納得がいきます。ご飯のある日は豚肉ステーキとか、カレーとかですね。ご飯なしの日は野菜炒め、豆腐ステーキ
などです。あと焼き麩が大変便利。高タンパク低糖質で、何に入れても美味しく(基本本体に味はないので)
ボリュームも出ます。バターで焼いて低糖質甘味料をつければ甘いお菓子に、カレー粉をまぶせば辛いお菓子にもなります。まだ試してないですが、これは色々な用途がありますね。

というわけで、なんとか昼食の糖質量だけドカンと下げることができました。我慢我慢でやっても長続きできませんし、糖質完全抜きは素人が考えてもヤバそうなので、減らす量はほどほどにしていきます。何日か計算してみましたが、ならすとだいたい90~100gくらいになります。一般的に糖質制限の目安は1日50g以上130g以下と言われているようですので、まあこのくらいがいいとこかなと思います。


さあ、ひっこめ腹!

【スポンサーリンク】











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

すべてはここから始まった [経過報告]

どうも~!ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

今回突発的に始めたブログですが、そもそものきっかけがあります。

ごあいさつでも触れたのですが、
ある日おつかいに行こうといつものようにジーパンを履こうとしたら
ボタンホールにボタンが入っていかないという状況になっていました。
ジワジワと腹がヤバイというのを感じてはいたのですが、息を止め腹をひっこめれば
なんとか突っ込めていたボタンが、
「もうお前には付き合わん。今日から俺は絶対拒否する」と言わんばかりに
激しく抵抗を示し、ひとしきり格闘したものの私の腕は敗北を喫したのです。

しかたなくトレーナーの下を履いて行くことにしましたが、
事ここに至り、さすがにこれはまずいだろうという気分になりました。
タバコを吸わない私は仕事中に間食をするのが好きでスナック菓子やらチョコレートやらが
すぐ食べられるように常備しており、その上無頓着に糖質量の多い食事を昼夜と食べ続けていたために
とうとうそんな状況にまで追い込まれていたのです。

太っても顔にあまり影響が出ないし(よく見ると顎の下に肉がついていたりしますが)
そもそも人とあまり合わない仕事なので、どうしても見られているという緊張感が薄く、
自分の欲望に忠実な食生活になってしまいます。
年齢的にもだんだん他人の目がどうでもよくなってきているので
(若い人にはこの感覚はわからないでしょう。人間40も半ば過ぎると他人の目など
どうでもよくなります。さすがに裸で歩くことはありませんし、ニオイを発していたら
迷惑だろうと思うのでその辺には多少気を遣いますが、見てくれは気にしなくなりますよ)
放っておくとどんどん腹が膨れて、着る服を体型に合わせる事になんの躊躇もなくなってしまう・・・

健康にとっても問題だろうと思いました。まあ正直な所50年間ほぼソロ活動の私ですので、
いつくたばってもそれほどこの世に未練はないのですが、そうは言っても生きている間は健康でいたいなと
思うわけです。特に脳血管系の突発的な障害が起きた場合、中途半端に生き残ってしまうと誰かに多大な
面倒をかけることになるので、これだけはなるべく避けたい。

というわけで、なんとか腹だけでもひっこませようと、決意をしたというわけです。
そして、ここより上の数字は二度と見てはいけないという思いを胸にいだき、体重計に乗りました。

78.9kg

なんだたいしたことないやん・・・デブってほどじゃないだろ という優しい声が聞こえてきますが、
ここ10年くらいは平均73kgくらいでしたので、現時点で6キロもの超過です。
しかも身長168cm である私の標準体重は 62.1kg ということらしいので
そこから考えると16.8kg も 多いという話になります。

とりあえずこの体重を第一目標としてはここ10年間の平均である73kg まで落とす
さらに「胃の調子悪化ダイエット」で久しぶりに見た66kg が第二目標です。
この体重を健康的に実現したい。
ただ、痩せようという話から、自分の中でマッチョになってみたいという変な欲望が芽生えてしまい、
そうなると筋肉量が増えることで体重減少が止まるという可能性もあるのかなと・・・
そういうことはできてから言え・・・ by私の内なる声)

まあとりあえず、体重減らしから頑張ります。
経過報告はこの体重を測ったのが月曜日だったので、週一度、月曜日にしたいと思います。

さあ腹ひっこめ!
【スポンサーリンク】






 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

過去のダイエット経験(非推奨) [ダイエット]

どうも。ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す。
今回は私の過去のダイエット経験についてお話します。
といっても、いわゆる○○ダイエット法やってみた 的なものではありません。

名付けるとすれば「胃の調子悪化ダイエット」という感じでしょうか。
はっきりいっておすすめしません。

一昨年の今頃の事でしたが、冬バイキンにやられたくない私は(基本引きこもりのくせに、ちょっとした
外出で風邪を移されることに異常なほどの恐怖を感じるのです)カテキンがいいと某NHKの某ガッテンでやっていた
ふつうのお茶っ葉をすりつぶして強力なお茶にして飲むという方法を思い出し、この冬はこれで乗り切ろうと
とりあえず一杯飲むことにしたのです。すりこぎでお茶っ葉をすりつぶし、そこにお湯を注いで、茶こしを通して
抽出したお茶は非常に濃く、香りも素晴らしく、いかにもカテキンたっぷりで風邪を防御してくれそうなものでした。

しかし・・・とんでもない落とし穴が!
それを飲んだ後に、胃がキュンキュンと痛みだしたのです。元々胃が強いほうではなく、ちょっとしたことで
胃重、胸焼け、胃痛になる私なので警戒すべきだったのですが、ひさしぶりに飲んだお茶が美味しくてがぶ飲み
してしまったのがよくなかったのか、強烈な胃痛が・・・。
その日から苦痛の日々が始まりました。何か胃に入れるとすぐに重く感じ、背中まで痛みだす始末。
元々逆流性食道炎持ちなので、入れたものが食道近くまで戻ってくるあの嫌な感じまでひどくなり、
ご飯が食べられなくなりました。しかし何も食べないというわけにもいかず、とりあえず豆腐と、本当にピンポン玉より少し小さいくらいの量のご飯という食事がしばらく続きました。かかりつけの病院で出してもらった胃酸分泌抑制のクスリと消化管運動を整えるクスリを2週間ほど飲みましたが完全には戻りきらず、食べるという行為が全く楽しくない日々が翌年正月過ぎまで続いたでしょうか。

その時、73~4キロあった体重はあっという間に66キロまで落ちていました。

「あ~・・食わないと落ちるんだなあ」

あまりに当たり前の事なのですが、結構本気で驚きました。
60キロ台なんて、30歳以降見たことのない数字でしたからね。しかし不思議と出た腹がそれほど引っ込むわけでなく、顔だけがげっそりしていましたw
体重が減るには減りましたが、数字上の変化は「やつれ」となって顔に出ただけでした。

その後徐々に胃の調子が戻り、ご飯が食べられるようになると、だんだんと体重が戻っていきました。
しかし食べられる喜びのほうが強く、せっかく落ちた体重を維持したいなどという気持ちが起こることはなく、
気がつけば胃を悪くした時よりも太っていたのでした。

「胃の調子悪化ダイエット」は自分の意志と関係なく減っていくので頑張りは必要ありませんが、
生活の質を著しく落とすので、全く推奨できません。体調が戻ると同時に発生するリバウンドには
幸せすら感じてしまいますしね。
【スポンサーリンク】









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

カワちゃん 一念発起する! [ごあいさつ]

はじめまして。ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

お恥ずかしながらアラフィフ=ソロ活動歴、人生も折り返しを過ぎ、残りの時間で
徐々に自分の周りの無駄なものを削ぎ落としたいなと思っている今日このごろ。
ふと視線を落とすと、なぜかいらないものの筆頭格である贅なるオニクがせり出し、
視界を遮っていました。

普段なら日常の何気ない風景なのですが、その日は違いました。

このところジワジワと増えていたそのオニクが
普段履いているジーンズのボタンをはめるのすら困難になるほどにせり出し、
どれだけ腹を凹まし、息を止めてもボタンホールにボタンが入ってくれないという
状況になっていたのです。

カワちゃんはこのようにデブさ加減が顔にあまり出ないので、
kao.jpg

なめていました・・・。仕事柄基本的に引きこもりであり、外に出るのは
週一のおつかい程度。小一時間の外出ですのでちょっときつくなったジーンズに
下半身を無理矢理ねじ込んでいました。一度履いてしまえば結構馴染んでしまうし、
おつかいから戻ればすぐ脱ぎ捨てて部屋着に戻るので、あまり危機意識が育たなかったわけです。
見てくれに反してタバコは全く吸わないので、口寂しくなると子供のようにスナック菓子やら甘いものを
ついついつまんでしまいます。昔買った体重計もなんとなく結果が怖くて避けて通っていました。

そして・・・ここに来てとうとうボタンホールにボタンが届かないという異常事態に・・・・!

顔を見ると言葉より手が先に出そうに見えますが、、基本ケンカどころか運動が嫌いなカワちゃん。
しかも長いこと慢性の背筋の凝りがひどく、年に数度は激しい痛みで動けなくなるほど・・・。
ハードなトレーニングなんてやる気も起こりません。
過去にダイエット目的でなく、歳とってから動けなくなるのが怖いと思いウォーキングなどをしたこともありましたが、一回3~5キロ程度、週3日くらいでは体重そのものは全く落ちませんでした。

しかし今度ばかりはさすがにヤバイ。
そのヤバさを常に意識するためにあえて恥ずかしい写真を後悔公開します
hara.jpg
妊婦ではありません。

恥ずかしすぎる・・・。これは他人に見せてはいけないものですね。
そう、その「別に誰に見せるわけでもない・・・」という考えが危機意識を遠ざけてしまうので
あえて公開します。悪そうなオヤジ顔と緩みきった体が合わなすぎ。

とにかくまず体重を減らさなければ・・・。基本流行り物には飛びつかない性分ですが、効果的に体重が落ちるという噂の糖質制限から始めることにしました。その流れで、どうせやるならマッチョを目指したれ!という
気分になってしまいました。我ながら無謀だと思います。途中で挫折するかもしれません。
しかしもし成功し、この緩みきったアラフィフ腹がバッキバキに割れたら、すごいですよね。

世の中には専門知識を持ったプロのサイトがたくさんあるので、理屈を学ぶならこんなブログは必要ありません。
そういうサイトの運営者さんは自分の体も完璧に鍛え上げていて、そんな体と爽やかな笑顔で
「あなたにもできますよ!」と言われても、俺には無理だよな~と思ってしまいませんか?むしろカワちゃんのような、やる気も体力もない腹の出た中年オヤジが、某ライザップのようにウン十万円などという大金をかけずにある程度結果を出せたら、それは同じ境遇の人にとっては結構説得力があるんじゃないかと思うんですよ。

というわけで、自分を追い込むためにも、あえて公開してみることにしました。本当に思いつきです。3ヶ月後につづいていたらいいかな・・くらいのスタンスです。基本的にはダイエット、健康関連の記事ですが、何かおもしろいことでもあれば書いちゃうと思います! こいついい歳してアホさらしてんな~と憐憫の情がわいたら、たまに見に来てくださいね! それではヨロシク!








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

-|2016年09月 |2016年10月 ブログトップ