So-net無料ブログ作成
検索選択

ここ2週間の停滞の犯人を特定 [雑談]

どうも~カワちゃんで~す

昨日の計量で初のプラマイゼロ、先週は前週比100gと、
謎の停滞期に入っているのですが、
どうやら犯人がわかりました。

ガマンしないダイエットといいながらも、糖質はしっかり抑えてきましたが
やはり甘いものが好きな私なので、
おかしっぽいけど糖質控えめな感じのはないかなとウロウロしている時
目についたのがお麩。見た目もスナック菓子のようであり、
小さなパンに見えなくもない。これは使えるんじゃないかと
試しにピーナツクリームを塗って食べてみると、普通に美味しい!

というわけで、以前食っていた甘い系お菓子の代わりに
お麩にペーストを塗って食っていたんです。
もちろんペーストも糖質の入ってないものだったんですが、
これが悪名高きトランス脂肪酸の塊だと、しばらくして気づきました。

トランス脂肪酸に関しては、脂肪を塊のまま口に運ぶようなアメリカ人の基準では
確かに色々問題があるんでしょうけど、日本人が昼トーストに塗って食べるくらいなら
それほど問題じゃないだろうと思っていましたが、
このお麩スナックにペーストを塗って、口寂しい時に食べていると、
一週間でたっぷり200gカップに入っていたペーストがなくなってしまうんですね。

これを食べている間体重は減り続けていたので、そっちの問題はないんですが、
なんとなく抵抗感が出てきてしまいました。
トランス脂肪酸入ってないやつないかな~と探していると
横にあった輸入品のペーストに目が行きました。

このてのペーストはたいていトランス脂肪酸の塊です。
どうだろうと成分表を見てみると、

Fat 0.3g    

おお! 脂肪がほとんど入ってない!

ところがこいつ、糖質が100g中81gという
アカンやつだったんです。
しかし、頭はトランス脂肪酸やめたいという思いに縛られており、

100グラムで81グラムなら、大さじ一杯なら8グラムくらいじゃん! 大丈夫大丈夫と
ゴーサインを出してしまったのでした。
この甘々な計算が、この2週間の停滞を呼んだのは言うまでもありません。

生来いいかげんな私は、食べる時に当然厳格にこれ以上はダメなどと決めません。
まあ一回分多くても8グラムくらいだから大丈夫だろ くらいの感じでした。

今思い返すと、一回おやつタイムになると、結構パクパク食べてしまっていました。
そのたびにそのペーストを塗りたくっていたので、
当然8グラムで済むわけがなかったのです。

このペースト以外にこの2週間で新しく加わった食材がない点、
計算せずに食べているものがこれしかない点、
そして、停滞が始まったのが1月16日で、コイツを買ってきたのがまさに1月16日

もうほとんどビンゴだと思いますが、とりあえず今日からコイツを塗るのをやめてみます。
で、来週体重が減ってたら犯人確定でしょう。

まあ犯人呼ばわりするのもなんですけどね。自分が悪いんだから
こいつメチャメチャ美味しいんで。 
でも悪者扱いしちゃったので
商品名は控えておきます(笑)






背中やった(泣) [雑談]

背中を痛めました・・・

昨日お風呂掃除をしていて、浴槽を無理な姿勢でゴシゴシやっていたら
体を起こした瞬間にあのいや~なズキンという痛みが走り・・・
ヤバイと思った時はもう手遅れでした・・・

あ~・・・すこし姿勢を変えるだけで激痛が走る
この前もちょっと痛くなったが、その時よりひどい

前回このくらい痛くなったのは去年の8月頃だったかな。
夏場はアイシングができるので多少はマシなんだが、
この季節では心臓麻痺を起こすから無理だし・・・
まいったな~

8月から比べると10キロ近く体重が減ってるし、背中も鍛え始めてるんだけどね・・
もう背中が慢性的に痛くなってかれこれ20年くらいですかね
常に張ってる感じで、押すと痛い場所が何箇所かあってね

何やってても背中の張りが気になってる感じ            
で、ちょっとした事で今回のように痛みが出る

整形外科からハリから色々行ってみたけど結局全くよくならず。


背中ってちょっとした動作でも結構使ってるんだよね
痛くなってそれがよくわかる。

完全にからくり茶運び人形みたいな歩き方になってます カタカタカタ・・・

ベンチとダンベルまで買ってこれからって時にお風呂掃除で筋肉を痛める俺(泣)
長年動かさなかった筋肉を今更動かそうと考える自分がアホなのか・・・
とりあえずしばらくは安静にしてるしかないです。

トホホ





ただ動いていただけなのに [雑談]

背筋に強い痛みが!
起きて朝飯の用意をしていたら、右側の背筋がズキン・・・
あ、もしかしてやってもうた?
恐る恐る首を右に回すと一箇所強い痛みが走る

あ~・・・やってしまいました。

ここのところ慢性的な鈍痛は続いていたものの、なんとか普通に生活していたし
筋トレもやれていたんだが。強い痛みは突然来るのでどうにもならない
たいていは何もしてない時に、突然前触れもなく来る。

しばらくはおとなしくしてるしかないなあ・・・ 残念
【スポンサーリンク】





ソフト麺が消える・・・  つうか、まだあったのか! [雑談]


ソフト麺が消えつつあるというニュースですが、正直いまだにあったのかと驚いてますよ。

給食っていうと、パン マーガリン 牛乳(テトラパック) ソフト麺 カレーライス ・・・・くらいしか思い出せないなあ
あ、あと、鯨肉の竜田揚げってのがたまに出たけど、美味しかった記憶があります。
それから、パンの時、ときどき「きなこマーガリン」なるものが出て、これはパンに塗ると菓子パンのようになるので
子供にしてみれば嬉しかったような気がします。
kyushoku.jpg

ネットで昭和40年~50年台の給食で画像調べると金属のトレイが多いんだけど、うちの地域はこれだったな。
牛乳はテトラパックで、先割れスプーン。ミルメークってのが結構有名だけど、うちの地域では見たことない。(ちなみに関東の北側)

全国製麺協同組合連合会によると、正式名称は「ソフトスパゲティ式めん」

えー!! ソフト麺が正式名称だと思ってた人100%でしょうね。

牛乳に合うように1960年代に作られた。中華麺やうどんのように汁がある麺では牛乳には合わない。そこでパン用の全粒粉を原料にした麺を開発。麺をソースに絡めるメニューを提供した。

私の住んでいた地域では「めんつゆ」のような液体と一緒に出てきたよ。カレーうどん式もあったかなあ・・・
記憶にないけど。とにかくソフト麺と言ったらめんつゆで食べてた記憶しかない。
ミートソースで出てきた記憶はまったくないですね。私が忘れてるだけかもしれないけど。
たぶん私の住んでいた地域ではほとんどの人はソフト麺=うどんという認識だったと思う。
まあ給食センターによってメニューが違うだろうから、同じ市内でもちょっと離れたら全然違うのかもしれないね。
 
東京都が65年1月、全国に先駆けて給食に正式採用した。その後、全国に広がったが地域によって採用にばらつきが見られ、主に中部以東の東日本で定番メニューになった。給食に登場しなかった地域もあり、大阪府学校給食会は「経緯は分からないが、ソフトめんは、現在はもちろん以前から府内では提供されていない」と話す。

同じアラフィフでも、大阪とは子供時代の学校給食の記憶が全然違うんですね


(以下ウィキペディアより)

原料 一般的にうどんには中力粉や薄力粉が用いられる(うどんの項目参照)。 これに対してソフト麺の原料は強力粉(フツウコムギ、英: T. aestivum)である。 ソフト麺は学校給食向けに開発されたもので、学校給食用のソフト麺には原料として 学校給食用強力粉が用いられている[2](学校給食用小麦粉の一種)。 この学校給食用強力粉は学校給食用小麦粉品質規格規程に基づいて 強力粉にビタミンB1やビタミンB2を栄養素として添加して強化したものである。 製法 ソフト麺は強力粉に食塩水を加えて混捏して麺にした上で 一度蒸して表面を糊化させた上で茹でることにより製造している。 そのため、うどんや素麺に比べ伸びづらく消化がよい。 また、表面が糊化し、かつ、中がやわらかいため スパゲッティ用途にもうどん用途にも適する。

子供の栄養や消化を考えつつ、さまざまなメニューに汎用性があるという
万能麺だったんですね。もっと色々な組み合わせで食べてみたかったなあ。

【スポンサーリンク】





給食を野菜高騰で2日間中止 三重・鈴鹿で今年度中に・・・ ん? 2日間? [雑談]

三重県鈴鹿市は2日、日照不足による野菜価格の高騰を受け、給食会計の運営が厳しいとして、市立小学校30校と幼稚園13園で給食を、今年度中に2日間中止することを明らかにした。10月25日、各校へ通知した。  市教育委員会によると、中止するのは2学期の給食を出す最後の日としていた12月20日と、3学期初日の1月12日の2回。授業への支障が比較的少ない日を選んだという。午前中で授業を終えるか弁当持参にするかは各校の判断に委ねる。保護者からは「授業時間の確保ができないのではないか」という問い合わせがあったという。  市によると、調理は小学校19校と給食センター1施設でしているが、半数以上が赤字に陥っているという。  小学校の給食費は、14年度に月4000円から4100円に値上げしていた。昨年5月から学校給食を始めた中学校は、月4700円で、試験などで回数も少ないとして中止はしない。



お野菜の高騰が一番影響しちゃいけない所にしてますね。
確かにすごく高くて、オッサンも参ってます。

まあでもね、オッサンなんて野菜食わんでもなんとかなるけど
今育ってる子供達は少子化日本の未来を支える大切な「人材」なんですから、
日照不足くらいのことで給食そのものを中止ってのはどうかなと思いますね。
しかもたった2日ですよ。2日くらいなんとかなりそうな気がするんだけどなあ・・

影響の少ない野菜や別の食材でなんとかならないもんですかね。
ここは栄養士さんの手腕じゃないですか?
まだ食べられるのに期限切れだという理由でボカスカ廃棄していく世の中なのに
ただ高いという理由で一番きちんと食わせてやらにゃならない子供の給食を休むってのは
なんだか納得いかんですなあ・・。

ただ、今回の野菜の件以前に、すでに給食センターが慢性的な赤字で苦しんでるようなので
抜本的な対策が必要なのかもしれませんね。給食費の値上げくらいしかないかなあ・・・
そうすると今度は給食費払わない親が出てきちゃうのかな。難しいですな。
しかしうちもかなりビンボーだったけど、給食費だけはきちんと持たされたけどな。
今時の親の感覚が全くわからんので、なんとも言えないですが。


自治体も子供にしわ寄せがいくようなことがないように
しっかりやってほしいもんです。
市民税をこういう事に使う分には文句でないと思うよ。

【スポンサーリンク】









歳を重ねてもこれだけは気をつけたい3つの事 [雑談]

どうも~ ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

先日記事の中で、40も半ば過ぎると他人の目が気にならなくなるという話をしました。
確かに自分のファッションに無頓着になってしまうのは事実です。
若い頃あれだけ気になっていた色々なことが、本当にどーでも良くなってしまうんですね。

しかし歳をとっても、あれだけはちょっと遠慮したいといういくつかの行動があります。
これはカワちゃんの価値観ですから、人によってはなんで?と思うような内容かもしれません。
自分としてはこうはなりたくないという壮年像みたいなものです。

① 指を舐めて買い物袋を広げる人

スーパーで買い物をしていると良く目にします。たしかに40も半ばを過ぎると手にしっとり感がなくなって
あのレジ袋がなかなか開いてくれないのですが、何の躊躇もなくベロリとやってる人を見ると
無理だなあと思ってしまいます。これはおそらくですが、学生時代に何かの用紙を配る時に
やたらと指を舐めていた先生の映像がトラウマになっている気がします。
私が行くスーパーには舐めないで済むように湿ったふきんが置いてありますが、
あれも誰が触ったかわからないし、ご遠慮しています。私は牛乳や豆腐のパックの結露でくっついた水分を
利用しています。ふきんよりは多少ましでしょう。とりあえずベロリだけは、死ぬまでやらないと思います。

② レジで並ぶ時、パーソナルスペース感覚が完全にぶっ壊れてる人

パーソナルスペースとは、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールによって提唱された概念で、
4つのゾーンに大別し、それらをさらに近接相と遠方相の2つに分類したものです。
その分類の中で「密接距離」 と呼ばれるものがあるんですが、これはごく親しい人に許される空間で、
そのうちでも近接相(0〜15cm)・・・は、「抱きしめられる距離」 
これに間違いなく入ってくるご婦人によく出くわします。
はやくレジを済ませたい気持ちはわかりますが、背中から息遣いが聞こえるほど接近されると
「抱かれたいのか?」 と思わず一声かけたくなります。
それから、私はレジの後ろに並んでいる時はなるべくそっぽを向いたり、下を向いているのですが、
こちらが会計の順番になった時、後ろがご婦人だと、かなりの確率でこちらのかごの中を
鬼のように覗いているのがわかります。
別に変わった動物が入ってるわけでもないんですから、あまりジロジロ見てもらいたくないんですが・・。
そんなに興味あるんでしょうか。しかしあれはおそらく全く意識せずにやっているような気がするんです。
神経質かもしれませんが、私は意識的にああならないようにしようと思っています。

③ 道を塞いだままご近所さんとよもやま話に花を咲かせている人

これは結構あるあるじゃないでしょうか。 この広い世界で今日出会ってしまった以上今しかないとばかり、
導線を完全に遮断する形で堂々と会話をしているご婦人を時々見かけます。
これはスーパーの中ばかりではなく、狭い道路の歩道の角とか、ちょっとずれてくれれば迷惑にならないのに、
わざとかよ! みたいな場所に突っ立って喋っているご婦人(これは圧倒的にご婦人が多い印象ですね)には、
いらだちを通り越して、「なぜその場所なんですか?」とインタビューをしたくなりますね。
ちょっとずれる、脇に避ける という心遣いをお願いしたいです。

加齢が全てとは言いませんが、若い頃はきちんと気を遣えていた人が、驚くほど無神経になっているのを見るにつけ、他山の石とすべきだなあと自戒を込めて思いますね。私自身、かなり無神経な部類に入る人間なので。
若い人の傍若無人を嘆く大人も結構無神経な振る舞いをしてるもんです。
自分では何気なくやっている行動が他人を不快にしているのではないかと、常にビクビクしてしまうのも
窮屈な話ではありますが、さりげなく気を遣えるスマートな大人でありたいと思います。

【スポンサーリンク】




 






ゴールデンタイムにこだわる必要があるか [雑談]

どうも~ ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

ミラーグラスをかけて撮ったらターミネーター風かなと思ったので
孕んでいるようなお腹と組み合わせてこの名前にしているわけですが
まあスベっているのは間違いないんですが、この際いいでしょう(笑)
いつかザ・ホソミネーターという途中経過を経て、ザ・ゴリミネーターとなれる日を
夢見て、引きこもりトレーニングを続けますよ。
その様子をユーチューブに動画でアップしようかなどと思っており、
別にトレーニングの説明のためにやるわけじゃないので
オッサンが◯◯してみた~ 的なのもやってみたいなと思ったり
またも若干前のめりに盛り上がっております。近日中にはなんか上げる予定です。

ところで、例のプロテインですが色々なサイトを見ていると、初心者はだいたい
いつ飲むのがベストなのか・・という疑問でぐるぐる回り始めるんじゃないでしょうか。
トレーニング後30分間を「ゴールデンタイム」と言い、イメージ的には壊れた筋肉を修復するために
この30分間にプロテインを摂取するのが最も効果的である、という事のようです。
これに関しては間違いないようなので、とりあえず私も今のところ一日一回、トレーニング後すぐに
飲むことにしてます。でもサイトによっては時間にあまりこだわる必要もないという所もあり
あまり神経質にならなくてもいい感じですね。ま、摂る時間より、毎日きちんと運動をしているかが
大事だという事ですね。当たり前と言えば当たり前です。

しかし、まだ超初心者向けの筋トレの目安の回数すらギリギリという状況です・・・
いかになまっていたかを思い知らされますね。無理をすると危険なのでどうしても
抑制してしまいます。しかしちょっとずつ負荷を増やさないと筋肉さんは強くなっていかないから
どこかでリスクをとって少しずつキツめにしていく必要があるわけです。
まあとりあえず体を慣らす必要があるので、11月一杯くらいで超初心者レベルの目安回数をこなせるように
がんばってみます!

【スポンサーリンク】







急死のプレイメイト、死因はカイロプラクティックだった・・・ [雑談]

今年2月に米『PLAYBOY』誌のモデル、ケイティ・メイ(34)が、何の前触れもなく脳卒中を起こし、 その数日後に死亡した。その原因がようやく明らかになった。   ロサンゼルス郡検視局によると、彼女は亡くなる数日前、首にカイロプラクティックの施術を受けていた。 指圧療法士が首を曲げた際、左の椎骨動脈が裂けてしまったという。 椎骨動脈は、首の左右に二本通る動脈で、脳に血液を送るという重要な役割を担っている。 この動脈が傷つけられたことで血流が妨げられ、脳卒中を起こしたことが直接の死因となった。



このニュースはかなり怖かったですね。
実は20代の頃ぎっくり腰が悪化してしまい、一時期カイロに通っていたことがあるので・・・。

ぎっくり腰ほど本人の苦痛と他人の反応が乖離してる病気はありません。
やったことがある人なら、あの苦痛と恐怖はわかると思います。
ある日突然何の気無しに動いた瞬間ズドーンと腰に激痛が走り、その瞬間から
恐怖の日々が始まるんですよね。ある一定の位置で激痛スイッチが入るので
下手に動かせなくなります。どこで来るかわからないので気の休まる時がありません。

で、他人から見ると腰やった人ってのは非常に滑稽に見えるので、こっちが地獄の苦しみを味わっているとき
大爆笑されてたりするわけです。で、中でも特に嫌味な野郎には「お前やりすぎなんじゃねえの?」などと
軽口を叩かれたりします。とにかく本人の苦しみと周りの反応のギャップがこれほどある病気(怪我?)は
他に見当たりません。

整形外科でレントゲンを撮りましたが原因は特定できず(椎間板ヘルニアや圧迫骨折など名前のあるようなはっきりとした原因がない) 結局温熱や湿布というオーソドックスな事しかしてくれませんでした。まあ原因がわからない以上、
対症療法しかないわけです。有名な西洋医大付属の東洋医学の病院で針治療も受けましたが、毎回電車賃と治療代で諭吉がひらひら飛んでいくので効果がないまま数回でやめました。

で、最後にたどり着いたのがカイロプラクティックだったのです。
私が通ったのは当時某横綱も通っていたというかなり有名な先生のいるところで、その先生は本も出していて、
まあ半信半疑ではありましたが藁をもつかむ思いで行ってみたのですが・・・

カイロにも色々あるようですが、私の行ったところは結構な数の施術士が担当の患者さんを受け持っていて
広い場所で一度に数十人が施術を受けていたという感じでしたね。腰の場合は腹ばいになってやるのが主でしたが
ちょうどお腹の部分が凹むようになっていて、施術士が強く押した時に力を逃がすような、ショックアブソーバーっぽい
感じの台でした。やたらとバチーンと大きな音がして、それ聞くだけでビクビク(笑)
その他、「首のほうから来ている」と言われ、首筋のところに注射器のような金属の器具を当てられて軽くパチンと
弾くようなのもありました。特に痛いわけでもなく、まるでおまじないのようでよくわかりませんでしたね。

結局このカイロもハッキリと効いた感覚がないのに諭吉がヒラヒラ~なので、やめてしまいました。長く通えば
それなりに効果があったのかもしれませんが。

んで、アホらしい話なんですが、私のギックリの主因は「ストレス」だったようです。
その時期あるストレスの原因となる事がありました。そして、ある日その原因がなくなり、
その途端に嘘のようにギックリ症状が出なくなったのです。
なんともモヤモヤするオチですが、それ以来なっていないので、そのストレス以外
理由が考えられないんですね。諭吉返して~~(泣)


今回のモデルさんのケースは首で、肩こりとかでカイロ受ける人はおそらく日常的にやられてる施術だと思うので
本当に恐ろしいですよね。アメリカは医療行為として長い歴史があってきちんと法制化されていて、それでも
こういう事故は避けられないわけで、、日本の場合は民間療法ですから、よほどしっかりとした技術を持っている所を
探して行くべきですね。事故があってからでは取り返しがつきません。

【スポンサーリンク】







お野菜暴騰 [雑談]

どうも~ ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

今日は晴れていて清々しいですが、このところの天候不順で野菜が暴騰しておりますね
本日買い出しに最寄りのスーパーに行ったのですが、
いつものように野菜売り場でパックのトマトを買おうと思ったらなく、
単品のみ。んで値段みたら・・・

一ヶ  198円

いや~無理無理無理・・・

トマト好きの私としては一日はトマトで始まると言っても過言ではないのですが
この値段ではさすがに無理です・・・まあ冬はスープに入れて使うので2日に一個くらいの
消費量になるので一日100円くらいではありますが、まだビミョーにスープの季節じゃないので
(我がアジトはありがたい事に密閉がよく10月いっぱいくらいは昼間は上半身ハダカで過ごせるのです。
ちなみに沖縄ではありません) しばらく様子見です。
しかしトマトは意外と糖質量が高いのでなるべく避けたほうがいいらしいんですけどね。
まあ糖質以外のリコピンとか体に良い成分がたくさん入ってるのであまり気にせず食べちゃいます。

国内産のブロッコリーが出てきたので買いましたよ。
ちょっと前からアメリカ産のが並んでたんですが、以前一度買ったのが
まるでソフビのおもちゃでも食ってるような感じだったのでトラウマになってまして、国内産が出てくるまで
待っておりました。これからはブロッコリーですねえ!

今日は経過報告の日ですね~。ちょうど一ヶ月。果たして減ってるんでしょうか・・・
ここのところホメオスタシスさんのおかげで体重減少にブレーキがかかっておりますので
さらに停滞している予感はあります。まあ気長にやりますよ。

【スポンサーリンク】









慢性背筋痛について [雑談]

どうも~ ザ・ハラミネーターこと、カワちゃんで~す!

今回は私を長年苦しめ続けている慢性背筋痛について書いてみます。
いつ頃からか、背中に張り付くように慢性的な痛みがあります。
記憶をたどると、30代前半に背筋上部の激痛で整形外科に行った思い出があり
(そこにいた看護師のオネエチャンがとても可愛くて憶えている)その頃からだとしても
もう20年近い持病です。僧帽筋全体が終始張ったような状態で、押すと特に痛い場所(圧痛点)が
左右同じように存在します。圧痛点は肩の近く、脇腹、脊柱に沿ったちょっと奥に入った場所などにも
いくつかあり、この痛みも全く取れません。

これを人に話すと「激しい運動でもしたの?」と言われるのですが、
むしろ運動をしてこなかったためになっているのだと説明しても
不思議そうな顔をされるので、このわかってもらえない感がかえって辛いので
もう説明してません(泣笑)

学生時代は無理矢理にでも体を動かす事を強要されていたので(当時はイヤイヤやってましたが)
よかったのですが、社会に放たれると自分で動かないと動けと誰からも言われないので、動きたくない私は
極力動かない生活をしてしまいました。幸か不幸か(今考えると不幸なんですが)仕事柄ディスプレイの前で
じっとしている事がほとんど、しかも自宅作業が主で通勤すらない。この状況が十数年続き、私の筋肉は
動かない事が仕事になってしまいました。そして気がつくと、肩はガッチガチ、背筋の質は劣化し、先程言ったようにあちこちに痛みの強い萎縮した部分ができてしまったようです。

慢性的に張った状態の背中は、突然なんでもない瞬間に激しい反乱を起こします。
突如激痛が走り、少し動かすと強い痛みがでる状態になります(背中ギックリ)
もうこうなってしまうと動くこともできず、ただじっと回復をまつしかありません。

整形外科以外にも、ペインクリニックや針など色々試してみましたが、お金が出て行くばかりで
痛みが消えることはありませんでした。シクシク・・・

今回突然ダイエット+筋トレをやってみようと思いたったんですが、背筋を鍛えていく中でこの症状が多少なりとも
緩和されるのでは・・・という淡い期待もあります。しかし筋トレのせいで症状が悪化しては意味がありませんので
筋力アップはふつうの人より慎重に時間をかけてやろうと思っています。

【スポンサーリンク】